profile

秦 コータロー(ピアノ・アコーディオン)

1990年9月14日生まれ。大阪出身。幼少の頃からピアノを学び、

2009年に神戸大学へ入学すると同時に音楽活動を始める。

2010年開催された第4回ローランドVアコーディオンフェスティバル日本予選ファイナルに出場

アコーディオンとピアノを用いてのソロライブ活動やアーティストへの楽曲提供、バンドやアーティストのサポートなどの活動を行う傍ら、

2014年にはTV東京系列【美の巨人たち】のエンディングテーマ曲『風を喚ぶ乙女第二楽章』(曲・ザッハトルテ)にピアニストとしてレコーディングに参加

2016年後期より放映のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演、
またドラマ内で使われる軍歌のレコーディングにアコーディオンで参加

2018年1月より上京

同年5月に開催された世界で活躍するアコーディオニストcoba氏主催のアコーディオンの祭典「Bellows Lovers Night vol.16」出演、

同年9月には自身初となるソロアルバム『照らす光』をリリース。
吉祥寺STAR PINE’S CAFEにてレコ発ライブを開催し超満員で大成功に収める

同年10月東京ビッグサイトで開催された『楽器フェア2018』アトリウムステージに出演

2019年1月2月Bunkamura30周年記念舞台『罪と罰』(三浦春馬主演)に出演、

同年9月秦コータロー活動10周年ワンマンライブ【4season~autumn~】を銀座ヤマハホールにて開催。300名を動員

同年11月ブラジル・サンパウロで開催されたラ米最大のユダヤ系音楽祭「クレズマーフェスティバル」(Kleztival)に「ジンタらムータ/Jinta-la-mvtaのメンバーとしてアジア初出演

2020NHK連続テレビ小説『エール』出演

ピアニスト、アコーディオニストとして従来の形にとらわれない幅広い活動を続けている